代表挨拶 – ケーツーコミュニケーションズ

ケーツーコミュニケーションズ代表挨拶

「これが実現したら、どれだけの人に喜んでもらえるだろう」

kojima1

初めて事業を興してから早20数年が経ち、その間、数々の起業に
携わってまいりました。そして、それらの「やりたいこと」は、情熱を持って取り組めば、
いつか必ず「できること」になると強く信じ、ここまで無我夢中で駆け抜けてきました。

「これが実現したら、どれだけの人に喜んでもらえるだろう」
人々の笑顔が明確にイメージできるなら、私は、取りかからずにはいられません。
「やりたいこと」と、社会の役に立つこと、つまり「やるべきこと」が一致すれば、
後は、一生懸命に知恵を絞って、たっぷりと汗を流すだけです。
自分のしたことで、人に喜んでいただけるという事実が、とにかく嬉しかったんです。
そして、その喜びを仲間たちと分かち合えることが、とにかく幸せだったんです。

ただし、周囲の方々のご協力なしでは、事業はひとつも成り立ちませんでした。
皆さまに対する「感謝の心」は、決して忘れることのないよう、自分に戒めております。
またそれは、いつも頑張ってくれている社員においても、同じです。
ですから、私は、社員たちが働きながら輝けるように、一人ひとりの夢を大切にし、
力いっぱい、応援します。

今後も、社内外問わず、さらに多くの「心からの笑顔」を生み出せる会社を目指します。
情熱は、まったく衰えを見せません。
これからのケーツーコミュニケーションズにも、
厚い熱いご期待を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

株式会社ケーツーコミュニケーションズ
代表取締役 小嶋 康詞

株式会社ケーツーコミュニケーションズ
代表 小嶋 康詞(こじま やすし)
1957年、東京都生まれ。グループ会社である(株)素材機能研究所、(株)ネクストポリシーでも代表を務める傍ら、(財)都市経済研究所評議員も兼任。マツモトキヨシの大ヒット商品『和サプリ』シリーズを仕掛けるなど、事業プロデューサーとしての実績も多数ございます。幼少期のイジメなど、過去の辛い経験が「自分力UP」の原動力となり、多くの人々に助けられながら、今日に至っております。休日は趣味の森林保護に、勤しんでいます。

Translate »
Top