特許情報が業界紙「健康産業新聞」に掲載されました – ケーツーコミュニケーションズ Skip to content

令和2年2月13日

株式会社 ケーツーコミュニケーションズ
代表取締役 小嶋 康詞

フミン酸・フルボ酸の特許情報が「健康産業新聞」に掲載

昨年末、申請から2年の時を経て取得が叶った「フルボ酸およびフミン酸の抽出方法、ならびに腐植物質の分画方法」についての特許情報が、2020年2月5日発行の業界紙、「健康産業新聞」に掲載されました。

特許による方法では、従来からの強アルカリ性物質や酸性物質による処理では不可能であったフミン酸とフルボ酸を、化学物質を使用せず、分離していない状態で同時に、水溶化した混合液として抽出させることができます。

このフミン酸・フルボ酸混合水溶液は、食品や化粧品だけではなく農業用の植物活性剤として、さらには医療品といった幅広い分野での利用が可能です。すでに化粧品原料としては頭皮用ローションや美容液などの商品化が進んでいます。
また、昨年12月に国際的な表示名称INCIの登録が完了、日本化粧品工業連合会への申請を済ませ、今春には登録される見込みです。

ケーツーコミュニケーションズでは、特許に基づいた方法で抽出した純国産オーガニック原料の商品展開を、化粧品、食品や医薬品、農業など、さまざまな用途でご提案いたします。

▲クリックで記事が大きくなります

特許情報やフミン酸・フルボ酸混合水溶液にご興味のある方は、下記の問い合わせ窓口までお願いいたします。

株式会社 ケーツーコミュニケーションズ https://keitwo.co.jp
営業担当 : 小嶋
TEL:03-5281-8677
E-MAIL:info@keitwo.co.jp

Translate »
Top