『フフファーム』が健康産業新聞に掲載 | ケーツーコミュニケーションズ Skip to content

令和3年4月26日

株式会社 ケーツーコミュニケーションズ
代表取締役 小嶋 康詞

『HuFuferme(フフファーム)』が「健康産業新聞」の免疫サポート特集に掲載

弊社のフミン酸・フルボ酸混合水溶液『HuFuferme(フフファーム)』が、2021年4月21日発行の業界紙、「健康産業新聞」1714号の免疫サポート特集に掲載されました。

長引く新型コロナウイルスの感染拡大を受け、免疫への関心が高まり、市場においても「免疫サポート」関連素材の受注が伸展を見せています。弊社が開発・販売するフミン酸・フルボ酸混合水溶液『HuFuferme(フフファーム)』は、腸内細菌叢を改善するプレバイオティクス素材として健康食品に活用できるほか、化粧品や植物活性剤としても利用されています。

フミン酸、フルボ酸の一般的な原料は泥炭(草炭)や亜炭(ヒューミックシェル)ですが、重金属や放射性物質をはじめとする土壌中の有害物質の影響が懸念される他、化学物質による分離・沈殿といったプロセスを経るため、同時抽出が出来ず、相互作用は期待できませんでした。一方、4年間完熟させた針葉樹から独自の方法(特許第6653858号)により抽出する『HuFuferme』はフミン酸とフルボ酸が完全に水溶化され、第三者機関での安全性も確認されています。INCI加え、化粧品表示名称「(スギ/ヒノキ)幹発酵エキス」として登録済みですので、新しい原料を使用した製品として、開発の段階から差別化が可能です。

「健康産業新聞」1714号では、機能性面として免疫賦活、抗炎症・抗菌・抗ウイルス、血糖値改善、肝機能改善などの有効性の示唆や、近年注目を集める免疫器官としての腸内環境において、キレート作用に優れ腸内細菌叢の改善を促すといった情報も記載されていますので、ぜひご高覧ください。

ケーツーコミュニケーションズでは、INCIを取得した独自の純国産オーガニック原料として、化粧品のみならず健康食品や医薬品、農業など、さまざまな用途でご提案いたします。

 

 

▲クリックで記事が大きくなります

▲クリックで記事が大きくなります


特許情報やフミン酸・フルボ酸混合水溶液にご興味のある方は、下記の問い合わせ窓口までお願いいたします。

株式会社 ケーツーコミュニケーションズ https://keitwo.co.jp
営業担当 : 小嶋
TEL:03-5281-8677
E-MAIL:info@keitwo.co.jp

Translate »
Top