SDGsへの貢献が「健康産業新聞」に掲載されました – ケーツーコミュニケーションズ Skip to content



令和2年5月22日

株式会社 ケーツーコミュニケーションズ
代表取締役 小嶋 康詞

フミン酸・フルボ酸でSDGsへの貢献が「健康産業新聞」に掲載

弊社は、国内外で取り組みが進められている『SDGs』に賛同し、フミン酸・フルボ酸混合水溶液を利用した、循環型の社会を提唱しております。このたび、この取り組みが、2020年5月20日発行の業界紙、「健康産業新聞」1692号の『SDGs特集』に掲載されました。

フミン酸・フルボ酸混合水溶液は、スギ・ヒノキの間伐材使用し、発酵と熟成を経た腐植物質をもとに抽出し、農業用に「HS-2プロ」、健康食品と化粧品原料は「HuFuferme(フフファーム)」として原料およびOEM供給をしております。この抽出工程で出る残渣は環境改善資材として、例えば水質改善への活用が可能です。
農業分野では土壌有機物の発酵促進、微生物の活性化を通して、減肥や減農薬、減除草剤によって、窒素肥料の使用量を減らし、二酸化炭素の排出量減少への貢献が期待できるだけでなく、収益性や生産性の向上、栄養価のアップといった面でも注目されています。

現在、化粧品および健康食品分野では、シャンプーや育毛剤、全身ケア用クリームといった化粧品、ドリンクやゼリーをはじめとするサプリメントなど、OEMでの商品化が進んでおり、同特集内にて製品情報などが掲載されていますので、こちらもぜひご覧ください。

ケーツーコミュニケーションズでは、ケミカルフリーなフミン酸・フルボ酸混合水溶液で、安全な食糧の増産に寄与するとともに、純国産オーガニック原料の商品展開を化粧品、健康食品、農業資材など、さまざまな用途でご提案いたします。


▲クリックで記事が大きくなります

▲クリックで記事が大きくなります

SDGsに関する弊社の取り組みや、フミン酸・フルボ酸混合水溶液にご興味のある方は、下記の問い合わせ窓口までお願いいたします。


株式会社 ケーツーコミュニケーションズ https://keitwo.co.jp
営業担当 : 小嶋
TEL:03-5281-8677
E-MAIL:info@keitwo.co.jp



Translate »
Top