『HS-2®プロ』が高温障害などに期待の資材として「農村ニュース」に掲載

HS-2

人間にも植物にも安心・安全なフミン酸・フルボ酸水溶液『HS-2®プロ』が、高温障害などに対する期待が高まっているとして、2024年6月4日発売の業界紙「農村ニュース」3279号に掲載されました。

農村ニュースは農政、団体、業界の情報のほか、作物別、農薬、メーカーの動向や流通問題などを紹介する専門メディアです。

市場にて販売されているフミン酸やフルボ酸は海外から輸入される亜炭などを原料としたものが一般的ですが、重金属といった有害物質の含有が否定できません。

これに対し弊社のフミン酸・フルボ酸水溶液は、有効利用できずに廃棄された間伐材を4年かけて完熟堆肥とし、特許技術により水だけで抽出して作られるため、農業用をはじめ、畜産、健康食品や美容などに利用され、効果が幅広く評価されていると掲載されています。

また、主な特長として土壌微生物の活性化、栄養素の転流促進、酵素活性、収穫期延長、ミトコンドリア活性、ATP合成促進、光合成活性のほか、高温障害だけではなく日照不足対策などへの効果も紹介いただきました。

ケーツーコミュニケーションズでは常態化しつつある異常気象や環境ストレス対策のほか生産力と増収アップに、優れた機能性を持ち有機JAS対応のバイオスティミュラント資材『HS-2®プロ』をおすすめしております。

鉱物由来の有害物質が含まれず、ケミカルフリーで人にも植物にも安心・安全。高温対策の一助となる、完全水溶化を実現したフミン酸・フルボ酸水溶液『HS-2®プロ』にご興味のある方は、下記の問い合わせ窓口までお願いいたします。